一人では無理!引越で出た不用品の処理や片付け

時間がないのに引越の前に一苦労

引越が決まると、プランにもよりますが荷造りを自分で行うケースが多いです。小物を箱に詰める、不要なものは処理しておくなどやることは多いです。とはいっても普段の生活も送らなくてはならず、なかなか時間的にも体力的にもきつくて、本当に引越までに終わるのか心配になってしまうことも多いです。誰か助けてくれないかと思ってしまいますが、重労働ですので友人や親などに頼むのも気が引けてしまいます。小物を片付けるのは、梱包サービスプランにして引越業者にお願いするのもできますが、不用品の片付けとなると自分で責任をもって行わなくてはなりません。そこで不用品処理業者の利用も1つの手として頭に入れておくと良いでしょう。

運び出しから処理まで一括で依頼できる

片付けの手伝いをしてくれる業者の多くは不用品の処理まで担当してくれます。例えば大きな家具などは一人では移動させるのも一苦労ですが、プロはそれを運び出して運搬してくれますので、自分は重たい荷物を運ばなくて済みます。その後、使えるものは再生してリサイクルしたり、大型のごみとして処分することもあります。その判断と実際の処理も請け負ってくれるのですべてをお任せできます。いくつ不用品が出ても対応してもらえるので、引越前に思い切って部屋をさっぱりとさせる良い機会になります。少ない荷物で引越ができれば、新居も広々使えて、使わないもので場所をとられずに気持ちよく生活を開始できますので、片付けのプロを呼ぶのもおすすめの方法です。

自宅にある使わなくなった家具や家電を処分するには不用品の回収業者を活用するのが良く、事前連絡を入れておけば自宅まで取りに来てもらえる場合もあります。