どんな印象がある?倉庫バイトの特徴を解説

倉庫バイトに対する世間の印象は?

倉庫内で働くアルバイトやパートなど、いわゆる倉庫バイトにはどのような印象を持っていますか。世間一般の倉庫バイトに対する認識は、少しネガティブなイメージが付いている気がします。肉体労働で体力的にきつかったり、単純作業でつまらなかったりというような評判は少なからずあるでしょう。もちろん人によって抱く印象は異なりますが、そのようなマイナスイメージがあるのは事実です。
ただ、実際に働いてみると倉庫バイトの魅力や面白さが見えますし、必ずしも印象通りではないということがわかります。

倉庫バイトの種類や特徴

一口に倉庫バイトと言ってもその種類はさまざまです。主に荷物の仕分けや検品、シール貼りや梱包などが挙げられます。比較的大きな物流倉庫や食品工場では、ベルトコンベアを利用したライン作業もあります。これらの作業の特徴は、一人で黙々とできることや特別なスキルや資格が必要ないという点です。現場によっては、チームワークが大事な作業や資格や経験がいるところもありますが、基本的には誰でもこなせる内容となっています。

宅配便の仕分け作業は需要がある

昨今、宅配便会社の現場では人手不足が深刻です。荷物を届けるドライバーだけではなく、荷物を仕分ける作業員にも人手が足りない状況があります。
宅配便の仕分け作業は荷物を住所や地域で分けたり、トラックに積んだりするのが仕事内容となっています。日勤と夜勤、どちらもある場合が多くそれぞれの生活スタイルに合わせて働くことができるのがメリットです。

3PLとは生産者→運送会社→商店という物流の流れを一括で管理するサービスのことを指します。これによってそれぞれの企業は自らの本業により集中することができるようになります。