ないなら借りればいいんだ!営業は営業代行にお任せ

中小企業にとってネックになるのが営業力

どんな優れた製品でもお客様に知ってもらって買ってもらわなければ始まりません。中小企業にとって実はこの点は一番の問題です。どんなにいいものを作っても、それを世の中に知らしめる方法に乏しいのです。広告宣伝にもお金はかけられませんし、営業職を雇うといっても継続的な人件費負担は大きなリスクがあってなかなか踏み切れないところが多いのではないでしょうか。特に営業職は本人の頑張りや資質にも大きく左右されるところがあって、よい人材に巡り会えたら素晴らしい結果が出るのですが、そうそううまくいくものではありません。

営業を固定費ではなく流動費にする営業代行

こうしたリスクを極小化する解決策が営業代行です。営業代行とは文字通り、営業を代わりに行ってくれるサービスです。その内容は様々で、テレアポだけ取ってくれるものからクロージングまで行ってくれるもの、また社内に入って営業部門を鍛えるサービスもあります。こうした営業代行は、特に営業力が弱い中小企業にとってはかなり使えるサービスです。営業職を雇わなくても済むので、永続的な固定費発生の問題を回避しつつ、販路開拓を進めることが可能です。期間や規模を設定しての請負サービスになりますから、最初から予算規模を確定させて対応する事が出来ます。

営業代行はこんな場面で使う

具体的にどんな場面で営業代行を利用すれば効果的でしょうか。まず考えられるのが、新地域開拓です。ある地方の企業が東京へ進出するというような場合に、営業所を開設して営業マンを置いてという膨大なコストをかけずに速やかに営業展開出来る利点があります。また、ある地域で競合他社に競り勝つために集中して営業をかけたい場合の即戦力としての利用の仕方もあります。

営業代行会社を選ぶ時は、自社の営業課題の解決の方法を提案してくれるかがポイントです。また、提案内容が時代にマッチしているかも重要です。