発電効率が重要?降雪地帯での太陽光発電システムの管理について学ぼう!

ソーラーパネルの管理が発電効率を左右する

太陽光発電は自然環境を損なわないクリーンな発電システムとして注目されていますが、その一方で天候に左右されやすい欠点もあります。また、ソーラーパネルの状態も発電効率を左右するので日頃の管理が重要と言っても過言ではありません。ソーラーパネルに汚れや雪が積もっていると日光が届かず、発電効率が大幅に下落してしまいます。そのため、こまめに掃除を行って日光が遮られないように注意しなければいけません。ソーラーパネルの劣化も発電効率を下げる原因のひとつなので、安定化を図るなら定期的な交換が不可欠と言えます。ソーラーパネルは基本的に新しい物ほど高性能ですが、面積が広くなるほど高額化するので金銭の負担については十分に注意します。

設置場所の工夫が積雪の被害を防ぐコツ

降雪地帯では積もった雪の重みでソーラーパネルが破損するトラブルが少なくありません。水分を多く含んだ重たい雪は金属製の支柱を簡単に折り曲げてしまうので、被害を防ぐにはこまめな除雪が不可欠と言えます。住宅用の太陽光発電の場合、ソーラーパネルは屋根に設置したり庭に置くなどの方法が普通です。降雪地帯では積雪による破損を避けるため、建物の壁に貼り付けることがあります。この方法なら雪が積もる心配がありませんが、方角によっては日光がまったく当たらないので発電効率が下がってしまいます。破損の被害を避けつつ発電効率を維持するなら小型のソーラーパネルを複数用意して、それぞれを異なった方角の壁に貼り付けるのが効果的な方法です。

太陽光発電の価格を抑えるポイントは初期費用をできるだけ安くすることです。自治体によっては補助金制度を取り入れているところもあるので活用してみましょう。